指輪

選び方

婚約指輪は、男性から女性へ贈るものです。主にプロポーズの際に贈られます。
ドラマや映画などでよく見るあのシーンに登場する指輪です。

女性にサプライズを仕掛けるため、内緒で準備する人も多いでしょう。
しかし、男性は装飾品には疎いものです。婚約指輪を買おうと思っても、どう動けばいいのかためらいます。

高額な指輪

カッティング

婚約指輪で一番大事なのは、ダイヤモンドのカット数ではないでしょうか。
ダイヤのカット数が高いほど、相場は上がり高価となっています。

婚約指輪定番のラウンドブリリアントカットは、とても人気があり、多くの人に買い求められています。
ハートシェイプのカット法は、ハート型にカッティングされたデザインのものです。ハート型にカットできる石は少なく、無駄になることも多いため相場はとても高いカッティングです。

ダイヤ

彫り留め

婚約指輪の彫り留めのものは、輪っかになっているリングの一部にダイヤを埋めるやり方です。

やり方は、たがねと呼ばれるノミのような器具を使って、リングの一部を掘り起こし、その空いた穴にダイヤを埋めます。
ダイヤを留めるのは、掘り起こした時にできた爪です。それを使ってダイヤを落ちないように留めを施します。

シンプルな指輪

ベゼル留め

婚約指輪のダイヤのセッティング方法には、ベゼル留めという方法があります。
この方法は、他のセッティング方法と比べると低予算の相場が期待できます。

爪を使わないでダイヤをリングの中に埋め込む手法なので、幾分予算にやさしい金額の場合が多いのです。
しかし、特殊な技術を用いているため、一概に安いデザインだということもありません。